ABOUT

売上No.1アプリ
「ピッコマ」から生まれた出版社

ピッコマは国内マンガアプリ売上No.1になりました!
(2020年8月現在)
そんなピッコマから生まれた出版社が「ピッコミックス」です。
ピッコミックスで連載する作品は、ピッコマのオリジナル作品としてピッコマ内で優先的に宣伝。毎日数百万人が利用するピッコマで、たくさんの読者に作品を読んでもらうことができます。

私達は、ピッコマの宣伝力、販売力を活用することで、より高い確率でヒット作を生み出し、漫画家を成功に導くことを目指しています。

No.1
SALES
売上No.1アプリ

ピッコマ連載で
「1億円作家」になろう!

韓国の漫画家DUBU(REDICE STUDIO)が執筆する「俺だけレベルアップな件」が、ピッコマで連載を始めて14ヶ月目の2020年4月に、月間売上1億円(年換算12億円)を達成しました。
その後も読者数や売上は伸び続けています。

ピッコマではこの作品の他にも、毎月のように売上が数千万円を超える作品が続出。次々と「1億円作家」が誕生しています。 あなたも国内売上No.1「ピッコマ」の販売力を味方につけ、1億円作家を目指して連載してみませんか。

月間売上1億円を達成月間売上1億円を達成
¥100MILLION
SALES CREATOR

経験豊富な
編集者によるサポート

ピッコミックスの経営陣は、全員がヒット作を作った経験のあるマンガ編集者。
編集部には、マンガ作りの経験豊富な編集者が多く在籍しています。

会社は設立されたばかりですが、既に本格的なマンガ作りのノウハウがありますので、企画の相談、ネームの持ち込みなど、通常の出版社と同様に打ち合わせをしながら作品作りを進めていくことができます。

全ての連載作品には担当編集が付き、作品作りから宣伝、販促までトータルにサポート。売上が急増しているwebtoon(縦スクロールマンガ)のノウハウもありますので、webtoon連載に挑戦したい漫画家さんも大歓迎です。

SUPPORT
CREATOR
担当編集が作品作りから宣伝、販促までトータルにサポート

海外進出にも積極的

ピッコミックスは、チャットアプリ「カカオトーク」を運営する韓国のIT企業「カカオ」のグループ会社です。

カカオは韓国を中心にアジア各国にインターネットサービスを提供しており、海外で「カカオページ」などの大手マンガアプリを運営しています。ピッコミックスの連載作品は、その「カカオページ」などを通じて、海外でも配信が可能です。

現在、アジア主要国だけでも10億人以上のスマホ利用者がいると言われています。私達は、マンガを日本だけでなく海外でも配信することにより、より作品のヒット率が上がると考えています。

WORLDWIDE
CREATOR